おしゃれの基本は自分自身の「定番」を極めること

流行に囚われない定番でもかっこいいファッション

収納場所の選定は大事なところ

収納場所を考える

収納場所は面倒さの大きな原因となります。
家族各部屋にもっていく、あるいはタンスの前までもっていくのに階が違う…などそれだけでもうんざりしてしまうことがあります。
こういう時は動線を考えて収納場所を決めておくのが大事です。
取り込んだらすぐにしまえる場所があるとかなり違ってきますよね。
物干し場のすぐとなりにハンガーラックがあるとハンガーのままかけるだけなのですぐに終わります。
家族に協力してもらって各々の服を持って行ってもらうといいですね。

下着、パジャマ類、タオルなどは家族ごとにわけて脱衣所など、ひとところにまとめておくと楽です。
洗濯物をもってうろうろする、という無駄な作業を無くすだけでずいぶんと手間と時間が省けます。
収納場所を新たに作るのは難しいこともありますが、見直せるところは見直していくようにしましょう。

そもそも衣服が多いのでは?

断捨離のおすすめではありませんが、衣類が多すぎなのを見直すのは、根本的な解決につながってきます。そもそも、衣類がなければ洗濯物もなく、収納する必要もないということです。究極の方法ではありますね。
ストックは必要ですし、洋服好きな人もいるので一概に良い方法とは言えませんが、枚数を減らしていくことも時には必要でしょう。

タオルは洗ったらしまわずすぐ使う、すぐ使う…とあまりストックのない状態で使っていきます。

物を減らす工夫は難しい問題で、さらっと行えるものではありません。
これだけで一テーマとして成り立つものです。

ですが、タオルや靴下あたりのものは極力見直して、減らしていく方向でやってみても良いでしょう。


この記事をシェアする