おしゃれの基本は自分自身の「定番」を極めること

流行に囚われない定番でもかっこいいファッション

たたむ前にしておくことは

便利グッズを見つけよう

収納に便利なグッズはたくさんのものが売られています。
100均でもあるようなものなら安価にそろえることも可能です。
無印良品、IKEAなどでもさまざまな収納グッズが販売されています。

クローゼットに吊り下げて使えるシャツホルダーは小物を放り込んでおくのに便利です。
また、ハンガーや洗濯ばさみを収納しておくプラスチックの入れ物もあるとすっきりします。

たたまない収納に威力を発揮するのがかごです。
家族ごとにわけておくのならば、かわいいイラストつきのものや、シンプルな柄のもの、清潔感あるホワイトのものなどいろいろ揃えるといいですね。
ソフトタイプのかごにするか、ハードタイプのかごにするかは自分の使い勝手を考えて選びましょう。
大きさも、下着と靴下で少し変えて分かりやすくしておくといいでしょう。

洗う時点、干す時点で工夫を

たたむ労力を減らす工夫はできました。
今度は、仕分けの労力を減らす工夫を考えていきましょう。

これは洗う時点でまずできることです。
専用の洗濯ネットを用意しておき、種類ごと、あるいは家族ごとにわけて洗います。
靴下や下着などはこの段階で分かれているといいですね。
家族に協力してもらうとさらにベターです。

また干すときも、種類ごとにエリアを決めて干しておくと良いです。
この時点で面倒だという話もありますが、取り込むときのことを考えると決まった位置があるとあとあと楽になりますね。
あまり物干しに余裕がないこともあるでしょうが、厳密ではなくても良いのでだいたいこのあたり、というのを決めて心がけておくと良いでしょう。


この記事をシェアする